こんにちは、中野@PALです。

On Thu, 30 Dec 1999 20:14:36 +0900
"Takuya Murata" <s...@bu.iij4u.or.jp> wrote:
> 村田です。
> > こちらは、かわむら@DSTです。
> >
> > ex) inline int &rTest(){ return Philippine.test; };
> >  rTest()++;// Philippine.testのインクリメント
> > # 中野@PALさんのマクロとの違いは、アクセス制限を掛けられる点です。

> つけたしておくと、型とかデバックのときに見えるとか、とにかくマクロよりは
> 良いですね。

元記事では、
bananaはstructで、class fruitの中でprivate宣言されています。
したがってこの場合、アクセス制限を気にすることは無意味では
ないでしょうか。

要は、非常にベーシックな階層にある class fruitを記述する
プログラマが、privateなbananaへのアクセスにキーを多く叩きたく
ない^^;;という要求に対する回答を求めていると判断しました。
こういう、自分で責任がとれる範囲で、かつシンプルな要求の場合
マクロはC++においても有効なソリューションとなり得る事が多いと
思います。

もちろん「C++の一般論」にまで話を拡大した場合は、この限りでは
ありません。

#C++でマクロが使われないのは、同じ事がもっと良い
#方法で書ける「事が多い」からです。
#私は、Philippine.test とタイプしますね(笑)

--------
Kaoru Nakano, E-Mail: n...@palnet.or.jp